スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

江戸東京たてもの園5


江戸東京たてもの園のつづきです。

旧自証院霊屋(きゅうじしょういんおたまや)。
尾張藩主徳川光友の正室、千代姫の母(三代将軍家光の側室)を供養するために慶安5年に建立されたそうです。
DSC_0605.jpg
新宿区市谷から移築。
DSC_0604.jpg
日光東照宮の霊廟を思い起こさせる外観。復元作業も大変だったのでは。
DSC_0606.jpg
定期的に御開帳もされるそうです。


次は明治35年に建設された、高橋是清邸。
DSC_0607.jpg
2.26事件の現場にもなった住宅で、港区赤坂から移築されました。
DSC_0608.jpg
1階。
DSC_0609.jpg
和室が続いています。
DSC_0610.jpg
釘隠しはお約束。

DSC_0612.jpg
庭園も一部再現されています。

DSC_0613.jpg
窓ガラスのたわみ、分かりますか?
板硝子が手作りだった証で、現在では作るのが非常に難しいものです。
大空襲の戦火を免れて良く残っていたなあと思ってしまいました。

DSC_0616.jpg
高橋是清自筆の書。
解説によると「不忘無」と書かれているそうです(笑)達筆で読めませんでした。
「無であることを忘れるな」という意味だそうです。

DSC_0618.jpg
欄間には松と梅。竹は見かけなかったな。

DSC_0619.jpg
2階からの眺め。
DSC_0621.jpg

DSC_0625.jpg
この奥には仏壇が祀られていたのかな?未確認ですみません。
スポンサーサイト

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

2010/04/23 23:30 | 東京都COMMENT(6)  TOP

コメント

226事件の現場になった建物ですか~
歴史を間近に感じますねぇ
障子の白が何だかいいです^^
妙に新鮮に感じましたw

No:14542 2010/04/24 21:26 | sary #SFo5/nok URL [ 編集 ]

>saryさん

2.26事件の現場だってことは後から知りました^^;。
障子って子供の頃は当たり前でしたけど
今は普段馴染みがないだけにワクワクしちゃいますw。

No:14546 2010/04/24 22:47 | みえぞう #- URL編集 ]

小金井

ここは楽しそうですねぇ。今度絶対行きたくなりました。
2.26事件の時はあの廊下を上がってきたのかと思うと、なんだか時代を感じて考えちゃいます。釘隠しがいいな^^
書は、そんなに上手いとは思えないのだけど(笑)
写真ありがとう。楽しんでいます^^

No:14550 2010/04/25 23:34 | 殿 #0H15G94M URL [ 編集 ]

この2階でしたっけ?
千と千尋の神隠しで竜が昇ってくシーンのイメージに使われたってのは。
ボランティアの方が言ってましたw

No:14560 2010/04/26 23:14 | わっつ #- URL [ 編集 ]

>わっつ君

え???そうなの???どれだろう?
(´∀`;)知らなかった・・・

No:14565 2010/04/27 23:22 | みえぞう #- URL編集 ]

>殿さん

書はそうでもなかったですか?
解説が書いてなかったら読めなかったですw
ここは楽しいですよ(*´∀`*)
じっくり見て回ると丸一日かかります。
ぜひ来てください!一緒に回りたいです♪

No:14566 2010/04/27 23:24 | みえぞう #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。