スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

江戸東京たてもの園4


「江戸東京たてもの園」なのに江戸ケンチクじゃないじゃん!
と思ったのは私だけでしょうか?
今回ようやく江戸ケンチクが登場します。
DSC_0570.jpg
八王子千人同心組頭の家。
江戸時代に八王子に配備された徳川家の家臣団の組頭の家。
DSC_0571.jpg
茅葺の軒は竹で組んであります。

DSC_0573.jpg
お風呂というか行水場?
竹が敷かれていて足つぼ効果もありそう。

DSC_0575.jpg
板間の奥は畳の間。大黒柱が立派です。


DSC_0579.jpg
次は世田谷区から移築された綱島家。一般的な農家です。

DSC_0584.jpg
虫食い柱。子供の頃夏休みを過ごした親の田舎の家もこんな感じだったなあ。

DSC_0586.jpg
かやぶき屋根を保つため、定期的に囲炉裏に火を起こしているそう。

DSC_0590.jpg
そして気になるカマド。
ご飯炊いておにぎり売ったら儲かると思うのに。


DSC_0591.jpg
こちらは江戸時代末期に作られた、奄美大島の蔵。
高床式になっているのは湿気やネズミから穀物を守るため。
出し入れが大変そう。

DSC_0592.jpg
こちらは江戸時代後期に建てられた農家、吉野家。
三鷹市から移築されました。
DSC_0593.jpg
名主役を務めた吉野家の掛魚には鶴の彫刻。

DSC_0596.jpg
鴨居の上には槍が据えられていたり
DSC_0597.jpg
和室にはちょっと凝った床の間があったりと、他の農家とはちょっと違いました。

DSC_0599.jpg
囲炉裏とかまどに、外国人観光客の皆さんも興味津津。

DSC_0602.jpg
天井に組まれた竹枠が、囲炉裏の煙で燻されていい感じでした。
スポンサーサイト

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

2010/04/21 21:45 | 東京都COMMENT(6)  TOP

コメント

行水! そう言う言葉ありましたよね~^^
最近 耳にしてなかったので 妙に反応してしまったw
ここ一度は行ってみたい所です~
のんびりゆっくり見られそうな感じですね
板の間にごろんと横になったら 気持ち良いだろうなぁ

No:14515 2010/04/21 22:54 | sary #SFo5/nok URL [ 編集 ]

木造建築はやっぱりいいなあ。
コンクリにはない暖かみがあります。
横浜の三渓園にもなかなかいい建物がありますよ。

No:14516 2010/04/21 23:04 | いわん #YGr0j.0Q URL編集 ]

この囲炉裏の煙で燻された梁や天井がいいんですよ^^
みえぞうさんが、カマドのような体型にならないことを祈っています。。。(´;ω;`)ブワッ

No:14517 2010/04/22 20:54 | 殿 #0H15G94M URL [ 編集 ]

>saryさん

私も久しぶりに使いました(´∀`)
この浴室見て「あ!行水!」とw。
敷地も広くて散歩がてら見学できますよ。
人気のある建物の中は結構混んでますけどね~。
桜のシーズンだからか、三脚カメラマンも多かったですw。

No:14518 2010/04/22 22:16 | みえぞう #- URL [ 編集 ]

>いわん

そうだね(´∀`)木造建築には温か味があるよね。
そうだ!三渓園も行ってみたかったんだ!
思い出したwアリガトw。そのうち行ってみないと。

No:14519 2010/04/22 22:19 | みえぞう #- URL [ 編集 ]

>殿さん

囲炉裏の煙って嫌な匂いじゃないんですよね^^
この燻された竹が高く売れるって聞いたことあるんですけど
何に使うんでしょうね?
・・・すでにカマド体型ですよ(´;ω;`)ブワッ

No:14520 2010/04/22 22:22 | みえぞう #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。