FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

萬翠荘

(2008年11月撮影)

お次は、松山の大正・昭和ケンチクです。

こちらは愛媛県庁本館。
昭和4年に建てられました。

 

そして萬翠荘。
大正11(1922)年に、松山藩主の子孫によって建てられました。

1枚目の愛媛県庁本館と同じ、木下七郎さんの設計です。

ワクワクしながら、エントランスに踏み入ると

2階への踊り場に立派なステンドグラス。

ハワイで作成した、アメリカ式のステンドグラスだそうです。

 

調度品も綺麗に当時のままの雰囲気。

 

2階のバルコニーには出られなかったのが残念。
 

扉上の壁画は、松山藩と神奈川湾との縁を描いたものだそうです。

 

修復も丁寧に行われていて、当時の雰囲気が味わえた気がします。

 


 

ここにも、歴史のある建物が綺麗に残されていることに感謝しつつ。

 

 

この萬翠荘の裏手には、愚陀佛庵という夏目漱石ゆかりの建築が移築されています。

今回の旅では時間切れとなったため、泣く泣く諦めました。。。

スポンサーサイト

2010/02/23 23:52 | 愛媛県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。