FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

笠島(2) 静かな町並みを撮り歩き

笠島は非常に静かな町並み。
しっかり生活に溶け込んでいるというのも一つですが
島で出会った方の大半がお年寄りでした。
「みんなで助け合って暮らしてるの。とっても住みやすいのよ」
定年になったら、こういう島で暮らすのも悪くないかなあ、と思いつつ。
真木邸の二階から。

窓からは気持ちのいい風が吹いてきます。
ゴロっと横になりたい気分。

1階の部屋の中に蔵が。
金品なんかは、ここに保管してたのかしら。

外にもきちんと蔵がありました。

 

かまど。
 

江戸時代から昭和初期までの建物が建ち並んでます。

街のあちらこちらで見かける蔵。
 

あ。鏝絵だ。
 

さてこちらも笠島観光では外せないらしい名所。

1798年に建設された、塩飽勤番所(しわくきんばんしょ)です。
江戸時代、塩飽諸島は船方の集まりによって自治が許されており、
その中から選ばれた年寄がこの勤番所において政務を行っていたそうです。
 

展示物の絵瓦。

また、かまど。

 

朱印が保管されていた蔵。
 

豊臣秀吉の朱印状。
ほかにも、織田信長や徳川家康の朱印状もありました。
 

綺麗に残っている、水吐龍も非常に珍しいという事でした。

スポンサーサイト

2009/01/07 00:39 | 香川県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。