スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

三州足助屋敷(2)

明治から昭和初期までの暮らしを再現したという、足助屋敷。
茅葺の家屋や蔵は、当時のものを移築してあるようでした。
茅葺、ホッとします。

銀杏と茅葺がまた、好相性。
 

しまうし。
 

真赤な紅葉発見。ちょっとアンダー過ぎたかも。
 

茅葺の家屋の中には、竹細工がいろいろ。

竹細工職人さん。
竹細工を作っている時が一番楽しいんだそうです。


 

お次は鍛冶屋さん。
鍛冶場の写真を撮ってみたかった念願がかないました。

鉄の板に、鋼を乗せて刃を作るんだそうです。

鉄と鋼を一体にするため、高熱の炉で熱します。
 

手を撮らせてもらいました。
あら?綺麗。
「毎日軽石でこすってるから、つるつるだよ!」
それでも私は、見学出来て満足でございました。
スポンサーサイト

2008/11/28 17:44 | 愛知県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。