スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

吹屋の町並み 撮り歩き(3)

吹屋の町並みはこれでさいごです。
カミシモクリーニング?

 

吹屋デパートなんですね。

 

はい、来ましたよ。

 

左右眼の色が違うのって、なんて言うんでしたっけ?

 

高梁市の重要文化財 旧片山邸にお邪魔。
吹屋ベンガラの製造・販売を手がけた老舗です。

弁柄見本。

 

ここも、かまどはレンガ造り。

 

二階からの階段は、お城並みに急勾配。

 

中庭の仕切りは、からくり戸と言って、角でくるっと戸が回ります。オモロー。

 

ん?こっちは囲炉裏かな。

いいなあ、一泊したいっす。

スポンサーサイト

2008/07/31 23:00 | 岡山県COMMENT(20)TRACKBACK(0)  TOP

吹屋の町並み 撮り歩き(2)

ベンガラは「弁柄」と書きます。
赤色の酸化鉄顔料です。
 
ベンガラはオランダ語。
インドのベンガル地方産のものを輸入したために「ベンガラ」と名づけられたそうです。

セメントやプラスチック、ゴムの着色、塗料・インク・絵具等に用いられています。
沖縄の首里城も、修復時にベンガラで着色されたそうですよ。
 

ちなみに一枚上のタオルマフラー、記念に買っちゃいました。

 

焼き物にもベンガラ。
九谷焼などの釉薬としても使われてまして、美術品に対しては「紅柄」と呼んだりするそうです。

嬉しいんですよね。こういう徹底ぶりが。

 

とっても個性的なベンガラの街並み、快晴じゃないのがちょっと残念でしたが。

今はお人形屋さんではないそうです。

 

急勾配の蔵。色合いがとっても好みでした。

 

石州瓦。

 

思いっきり警戒されてます。

2008/07/30 23:26 | 岡山県COMMENT(24)TRACKBACK(0)  TOP

吹屋の町並み 撮り歩き(1)

吹屋の町並みは「吹屋ふるさと村」として
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
吹屋はベンガラの町。
って、ベンガラってなに?回答は次回にします。

 

ベンガラ色の蔵。

 

ベンガラ格子と石州瓦のお家が続きます。
って、ベンガラって何よ?
 

火事で焼けた訳じゃないです。焼き板です。
 

ベンガラポスト。

 

お醤油屋さんの軒先。購買意欲をそそるなぁ。

 

ベンガラ郵便局。


ええと、ビクター犬・・・名前なんだったっけ・・・。

 

お昼は手打ちの山菜うどん。とってもヘルシー。

2008/07/29 23:16 | 岡山県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

吹屋銅山 笹畝坑道

お次は銅山です。
以前に行ったのは、土肥金山・石見銀山。
これで、金・銀・銅って揃いましたね。
背の高い人はヘルメット着用の事。
私はチビ助なので、ノーヘルで入山です。

 

この入口を一歩入ると、気温は10度台。

 

暗い。かなりシュール。
とても一人じゃ来られません。
ガイドのおじ様の笑顔で救われます。
 

ほら、電動のマネキン。シュールでしょ?
 

チビ助でも頭を打ちそうな坑道を、ずんずん進みます。
 

ひろーいホールに出ました。
これが元禄時代から昭和にかけて掘り続けてきた、日本三大鉱山ですか。
黄銅鉱、磁硫鉄、硫化鉄鉱などが産出されたそうです。

人の大きさと比較すると、ものすごい天井が高いのが分かりますかね。

 

一人だったら、道に迷って出口までたどり着けなかったかも知れないです。

2008/07/28 23:09 | 岡山県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

備中吹屋 広兼邸

お久しぶりです。

 

GWに行った北陸旅行編をご紹介するといって、早2ヶ月近く経過しちゃいましたね。

そちらは、そのうち蔵出しでご紹介したいと思います。

 

 

先週の3連休を利用して、岡山~広島を巡ってきました。

まずは備中高梁。

備中高梁駅から、バスに1時間ほど揺られると吹屋に行けます。

今回は、吹屋ふるさと村観光周遊バスを利用しました。

 

まずは、広兼邸。

 
江戸時代後期に、小泉銅山とローハ(硫酸鉄=ベンガラ)製造を営み
巨大な財を成した大野呂の庄屋さんです。
立派な石垣。当時は30メートルの高さがあったそうです。
 
 

「八つ墓村」などの映画のロケ地としても知られる場所なんだそうです。
横溝正史ファンの心、ちょっとくすぐられました。

見晴らしサイコー。

 

建物の内部に入る事は出来ませんでしたが
外観だけでも十分豪華な造りである事がうかがえました。

 

アクロバット・・・もしかして沖縄のシーサー???

 

お家も立派ですけど、楼門の立派さも目を引きます。
 
 


 

土間に上がる事はできました。
当時では立派なレンガのかまど。
 

土間の裏はむき出しの岩壁。
なんと岩から染み出した水を、貯水していたんだそうです。
石清水ってことか。

うーん、それにしても部屋の中も見たかった・・・。
 

このあたりは、板壁がみんな焼いてあるんですね。
焼き板っていうのかな?

2008/07/28 00:27 | 岡山県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。