スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

郡上八幡城(2)

郡上八幡城(1)もよろしければご覧ください。

天守からの眺め。町並みが一望できます。

これだけ登って来たのか、としみじみ。
 

左が遠藤氏・右が山内氏の家紋。

 

天守の最上階の鴨居にぽつんと掲げられていた、年代を感じる画。
誰が描いたものなんでしょうね?

 

鎧甲冑。夜中には見たくありません。

 

天守の中の展示物も、眺望も楽しみました。

 

やっぱり、お城は青空でないと!

 

弓を射る壁の穴から。

 

鬼がわらの、桃のマークがかなり可愛らしいです。
 


またひとつ、お城制覇!

スポンサーサイト

2008/03/31 20:35 | 岐阜県COMMENT(41)TRACKBACK(0)  TOP

郡上八幡城(1)

さて、お次は郡上八幡城。

 
山内一豊は、静岡の掛川城ですが
妻の千代は、ここ郡上八幡城の生まれなのだとか。
 

山道をてくてく歩いて15分ぐらい。
見晴らしサイコー。

 

郡上八幡城は1559年に築城。
城主は遠藤盛数でした。

ですが、クローズアップされているのは山内一豊とお千代・・・。

 

天守の外装は、現在修復工事中。
当時の天守は残っておらず、1933年に大垣城をお手本に作られています。

天守に入ると、遠藤盛数がお出迎え。
 

ひな土人形。
 

貝合わせ。とても綺麗な状態で残っていました。

金の弩標。馬の首に付ける弓具なのだそうです。

 

これが本物のくさりがまか。
ドラクエだったら750Gぐらいだったかな。
 
 
(2)へ続きます。

2008/03/31 20:35 | 岐阜県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

郡上八幡撮り歩き(3) 職人町 F

(2)の宗祇水もよければご覧ください。
次は職人町を目指します。
町のあちこちにある、水舟。

郡上踊りの銅像。
 

途中で見つけた、素敵なお家。
 

「女 かみゆい」今も営業してるのかな?
 

ここが職人町の町並み。
屋根の形が独特。なんていう呼び名の作りなんでしょう?
 

ここでも簾を活かした素敵な軒先。
 

狛カエル&亀様?
 
 

左は美濃ひな、かな?
 

「下駄の音 郡上一夜を 蹴り明かす」
町のあちこちに、郡上八幡をお題にした俳句が飾ってありました。

2008/03/30 21:47 | 岐阜県COMMENT(30)TRACKBACK(0)  TOP

郡上八幡撮り歩き(2) 宗祇水

日本名水第一号、宗祇水を目指して頼りなく歩きます。
こんな洋風な格子戸も素敵。

蔵といえども、地方によって表情豊か。

 

やっとたどり着きました。宗祇水。

 

ニッキ玉?なんだろ?なぞは後で解明されます。

 

木枠に鉄扉。宗祇水に行くはずがなかなか足が進みません。

 

石畳と石垣。

 

ここが日本名水百選の1番目に選ばれた宗祇水。
室町時代の歌人である飯尾宗祇が
この湧水の傍らで庵を結んで愛用したことから
「宗祇水」と呼ばれるようになったそうです。
冷たくて美味しかったですよ。
 

合掌造りの風鈴、いいなあ。

こんな素敵な町中のお味噌、美味しそうです。
 

 

センスの良い簾。
 
(3)に続きます。

2008/03/30 21:43 | 岐阜県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

郡上八幡 撮り歩き(1)

前から憧れだった、郡上八幡に行ってきました。
名水の町。あちこちに水が飲める場所があります。美味しかったですよ。


石びな。

郡上八幡は郡上踊りで有名。
今年こそ行ってみたいです。

陶器雛。

 

石のおはじきの小路。

水が豊かな町。

ちょっと休憩。

この直後、携帯水没。液晶がお亡くなりになりました。

 

方向音痴にナビウォークは命綱。
かなりショックながらも カラ元気!

 

一瞬の出来事で、迷子になったような錯覚。
不安を抱きつつ、先へ進みます。

2008/03/28 22:38 | 岐阜県COMMENT(48)TRACKBACK(0)  TOP

多治見撮り歩き(3) カフェ&お寺

地元のお友達から、楽しいカフェがあるよ!っていうオススメで、連れて行ってもらいました。
開いてて良かった。

 

 
お水もギヤマン、じゃなかった、カットグラスで素敵です。
右手にある梅柄の器は、お砂糖入れ。
 

 

「いい天気だから、外でコーヒー飲もうよ」
なーんて言ったものの、陽が傾いて来て寒くなってきました。
 

小鳥が餌食べに来るのかな。
 

 
季節のタルト、だったかな?
グレープフルーツなどの柑橘類が乗ったタルト&シャーベット。
温かいコーヒー頼んで良かったです。
 
 
ここで名古屋から来てくれたお友達が時間切れ。
名残惜しいお別れでしたけど、また会いに行きますよ~。
 
 
 
さて、お次に連れて行ってもらったのが虎渓山。
とても庭園の素晴らしいお寺! だったのですが
写真がどれもイマイチでございました。
その中でも、マシなものを載せます・・・。

無際橋。アーチ状の木橋の中央に屋形があります。
お庭の全景写真がマズくて、非常に残念。

1314年建立の観音堂。国宝に指定されています。
 

鐘楼。
 

本堂は出火にあって焼失してしまったそうです。
現在建築中。
スケールの大きな、建設中の本堂を見るのも珍しいなと思いました。

今度は火の用心で!
 

なんと美濃焼の灯篭!
どうやって焼いたのか非常に気になりつつ、タイムアップでした。

2008/03/26 23:55 | 岐阜県COMMENT(42)TRACKBACK(0)  TOP

多治見撮り歩き(2)F

お蕎麦のお昼ごはんを食べ終えて、骨董屋さんの並ぶ通りへ行ってみました。
和紙人形?

英国紳士が日向ぼっこ。

これが和紙人形。とっても細かい作りでわくわくしました。
なんと、こちらの骨董屋さんのおかみさん手作りなんだそうです。

駄菓子屋さん。お菓子まで細かい!

 

お庭には、ちょこんとカエルが。

いいなあ。こんなタンス。

お友達の方がもっと上手に撮ってましたけど、鴨居の釘隠しかな。

4人の中でこの被写体は、きっと私しか撮ってないと思われ。
 

 
こちらの骨董屋さんのご主人に
「Canonのカメラとレンズが20本ぐらいあるんだよ!買う人いない!?」
と声をかけて頂いたのですが・・・30万ぐらいだったかな?
 
私自身、昔のCanonの銀塩カメラには全然詳しくないんですけど
当時のLレンズが、ものすごくきれいな状態で残っていたのにはビックリでした。
もし興味のある方がいらっしゃったら、連絡ください(笑)。
もう売れちゃってるかも知れませんけど。
 
 
 

何気ない町の看板も、気になってしまうのです。

ああ、春だなあ。

びっくりこし? 多治見ではこう言うんですか?

2008/03/25 23:15 | 岐阜県COMMENT(36)TRACKBACK(0)  TOP

多治見撮り歩き(1)

多治見修道院の後は
「オナカ空いた!」
ということで、オリベストリート付近に戻ってきました。
またレトロな空間が残された町並み。

交番。最近旅先で交番撮る事が増えたなあ。

 

ガレージに目が行くワタクシ。

 

店先に道祖神?

アルバイトさん募集してます。

木戸の取っ手には、美濃焼。

お店の入り口に下がっていた不思議な傘。
縁起物なんでしょうけど、初めて見ました。
地元のお友達に聞いて見ても「さあ?」という返事だったので
誰か知ってたら教えてください。

昼食は、おそばとトロロごはん。
 

 
オナカ満足!次撮りに行きましょう!
ということで(2)につづく。

2008/03/25 23:15 | 岐阜県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

多治見修道院

窯元さんのお次に連れて行ってもらったのが、多治見修道院。
1930(昭和5)年に設立された、カトリック修道院です。
こちらは珍しく、司祭・修道士を育成するところ。
つまり男性オンリー、ということになるのでしょうか。
日本三大修道院の一つなのだそうです。
白が印象的な、清楚な外観。
 

真中にあるのがタル。
多治見修道院ではブドウ栽培とワイン製造もおこなっています。

 
内部は撮影できませんでしたが
壁画や彫刻が、とっても素敵でした。

でもやっぱりステンドグラスにも目が行っちゃいます。

ここは、聖堂の裏手にあるログハウス。
お友達の会社の社長さんは、ここで披露宴パーティーをされたとか。
そういうオープンエアーな披露宴も素敵ですね。

最後はルルドのマリア像をレンズベビーで撮ってみました。

2008/03/24 23:34 | 岐阜県COMMENT(35)TRACKBACK(0)  TOP

多治見 窯元見学(3)

最後は、窯元さんの素敵な作品をたくさん見せていただきました。
これまた、落ち着く和室だなあ。

 
手書き瓢箪の小鉢。
一つ一つ色遣いも微妙に変わっていて、見ているだけで楽しくなります。

香の物入れ。
こんなかわいらしい器でお漬物が来たら、美味しさ倍増だなあ。

 

黄瀬戸のお茶碗。色合いがとっても好みです。

このヒビがまた、萩焼好きにはたまりません!

 

秋に、このお皿で焼き魚食べたいなあ。

あああ・・・欲しいぃ・・・。

縁側にはとっくりやぐい飲み。

外に出てみたら、小鳥が水飲みに来てました。
シルエットになっちゃいましたけど・・・。

 

素焼の器もいいなあ。どんな柄になるのかも楽しみ。

とっても楽しかったです!ありがとうございました。
また機会があったら、ぜひお邪魔したいです。

 

 

 

また旅に行ってきま~す。

2008/03/20 21:01 | 岐阜県COMMENT(33)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。