スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

旧金毘羅大芝居

(2008年11月撮影)
 
うどんで満腹。
こんぴらさんには、日本最古の芝居小屋があります。
お、銘菓もあるのか。
 

 
1835年に建てられた、旧金毘羅大芝居。
重要文化財に指定されてます。
現在でも毎年4月に歌舞伎名門の役者さんによって歌舞伎が上演されます。
 

花道?でいいのかな?
升席から手が届いてしまう近さ。

照明は、鶴が描かれたちょうちん。

舞台にも上がっちゃいました。

舞台に上がってみました。
足を踏むと「ターン!」と小気味良い音。
プチ歌舞伎気分でした。


舞台裏。

 

楽屋。

 
ここは舞台下の奈落です。
回転する舞台などの動力は、すべて人力で行うそうです。
作業してるとこを見てみたいなあ。


 

二階席から。

畳の上に座ると、ホッと落ち着きます。


 

 
見学のお土産に、提灯と同じ柄の内輪もらいました。
今でも夏に使ってます。

 

 

次回から愛媛県に突入します。

スポンサーサイト

2010/02/19 21:47 | 香川県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2008在庫 こんぴら参道 うどん屋さん

(2008年11月撮影)
こんぴらさんへの石段を上り下りして
大門の脇にある甘酒屋さんで一休み。
しょうがが利いていて美味しかったなあ。

 

 
参道に戻ると、開いてるお店も多くなってきました。
やっぱり朝から讃岐うどん。

開店間際の老舗へ。

「これ撮っといたらええよ!」
お店のおばちゃんご推薦の古時計。
年代物ですなあ。
でも、時間はさすがに合ってません。

お店の名前にちなんだ螺鈿がかっこ良かったです。

たしか卓袱うどんだったと記憶。
濃い目のお出汁で、美味しかったのは良く覚えてます。

はい看板。宣伝費はもらってませんよ~。
 

 
こんぴらさんで有名な銘菓が灸まん。

もぐさの形をしたおまんじゅうです。
 

金陵という名のお酒も。金はこんぴらさんから来ているのかは不明。
 

 
参道脇にかかる、鞘橋。
珍しい屋根つきの木造橋です。
江戸時代に架橋された後に洪水で流出、現在の橋は明治2年に竣成。
普段は渡る事は出来なくて、年3回の祭典時にのみ使用されているそうです。

2010/02/19 21:42 | 香川県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2008在庫 金刀比羅宮? 到着!

(2008年11月撮影)
 
「参道のお土産屋さんで、杖貸してくれるんやけど
帰り返す時にお土産買わされるから 気ぃつけよ~」
と、丸亀で出会ったおじ様に言われた事を守ったんですが・・・
お土産買うから、杖欲しかったです。
 
 
シャッター切るのを忘れるほど必死に石段を登ってゆくと
絶景!
♪こんぴらふねふね おいてに帆かけてシュラシュシュシュ~ と
その先を知らないのに口ずさんでました。
 

神楽殿。
 

 
神饌殿。
 

広い敷地内に本宮以外にも御殿が並んでます。

三穂津姫社。

 


 

 
屋根も丸金。徹底してます。
 

 
こんぴらさんは、海上安全の神様でしたね。
 

 
景気回復しそうなゴージャスなお守り。
私もひとつ購入しました。
 

 
来た道を下って、大門まで戻ってきました。
次回は参道で一休みです。

2010/02/18 21:35 | 香川県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。