スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

書写山 かえりみち

三之堂を堪能し、そろそろ帰りのロープウェーの時間が近づいてきました。
行きとは別ルートを回って帰ります。

この紅葉の場所で、初対面のカメラマンと30分ぐらい話し込んでしまいました・・・。
 

帰る前に一服。閉店ギリギリ滑り込みセーフで良かった。

ごちそうさまでした。
 

 

道すがらに瓦の山。
修復時に取り換えた瓦でしょうか?

 

夕日に照らされた金剛堂。
こちらも室町時代に建てられたもので
シャチホコのデザインが日本最古・・・らしいのですが撮ってません。ごめんなさい。
 


ついつい撮っちゃう鬼瓦。
 

丈六阿弥陀如来坐像。
残念ながら閉まってました。


招き瓢箪。

 

十妙院を抜けると、ロープウェー乗り場はもうすぐ。

夕日に照らされた山の紅葉が、最後に見られて良かったです。

 

 

ありがとうございました。

次回は、また京都編をちょこっとご紹介します。

スポンサーサイト

2007/12/24 20:34 | 兵庫県COMMENT(22)TRACKBACK(0)  TOP

書写山 三之堂(2) 食堂から

書写山 三之堂(1)からの続き。食堂の内部から撮っています。
どこの鐘楼にあったのか・・・書いてませんでした。

 

食堂の御本尊。僧形文殊菩薩。
普通に宝物室に安置してあったため、まさか御本尊とは・・・。

 


 

食堂二階からの眺め。


 

二連鬼瓦。


本多家廟屋。姫路城城主本多家の墓所です。
映画「ラストサムライ」でのロケは、桜の時期に行われました。
普段お墓を撮る事は無いのですが、今回は異例ということで。
 

優しいお顔の菩薩様。

 

寝大仏画。
 

↑帰りがけに、ご住職から教えてもらった場所↑
このふすまの奥の部屋も、ラストサムライのロケ地。
小雪さん扮する「たか」の部屋という設定で使われたそうです。
 
 
ということで、すっかりミーハーな食堂からの撮影でした。

2007/12/24 05:47 | 兵庫県COMMENT(11)TRACKBACK(0)  TOP

書写山 三之堂(1)

摩尼殿をあとにして、三之堂へ向かいました。
また森の中を散策。
 
 

ピントずれちゃいましたが、大仏様もおわしました。

 

大講堂・食堂・常行堂、3つのお堂がコの字に並ぶ事から
「三之堂」と言われている場所です。
ここが映画「ラストサムライ」でロケ地になった場所だそうです。

 

大講堂。円教寺の本堂にあたるお堂で、室町中期の建物だそうです。

 

大講堂の内部。釈迦如来・文殊・普賢菩薩が祀られているそうです。

 

食堂(じきどう)の内部は、写経道場や展示室になっています。
本来は修行僧の寝食のための建物として、1174年に創建。
未完成のまま、数百年放置されたものを昭和38年の解体修理で完成の形にされたそうです。

 
写経ってやったことありますか?
 
 

展示室の内部。

「炭蓋」と言われる屋根の一部。

こんな風に屋根に乗ってました。

 

 

書写山 三之堂(2)に続きます。

2007/12/24 05:34 | 兵庫県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。