スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

明治村 2008年秋(5)

明治村編、ラストです。
京都七條巡査派出所。明治45年建設。

お巡りさんはいませんでした。

 

札幌電話交換局。明治31年建設。

 

今でも電話線つないだら使えそうなぐらい綺麗な電話機でした。
ダイヤルの中央には
「受話器を外してから 回転盤を右へ 指止めまで回して お放しなさい」
って書いてありました。「なさい」がちょっとツボ。

北里研究所本館・医学館。大正4年建設。
ここまで来ると、もう明治でも大正でもよくなって来ました。

芝川又右衛門邸。明治44年建設。
日本におけるツーバイフォー住宅の原型なんだとか。
芝川又右衛門さんて、非常にハイカラな人だったんですね。
 

宗教大学車寄。明治41年建設。
本館校舎の正面に建っていたものだそうです。
今はちょっとした休憩スペース。


 

レンガ迷路なんていうのもありました。
レンガ好きには楽しい場所でした。
 

重要文化財の品川燈台。明治3年建設。
品川沖の第ニ台場の西端に建てられていたそうです。
品川にこんなオシャレな燈台があったとは。

目の前には大きな池が。
水面に沢山浮いてるのはボートです。
 

さいごは西園寺公望別邸「坐漁荘」。大正9年建設。
静岡県清水市にありました。

内部はガイドさんがいないと見学出来なくて残念でした。

 

訪問もぜんぜん出来なくてすいません。

あー、やっと次回から岐阜基地航空祭の写真があげられる・・・。

スポンサーサイト

2008/12/11 23:19 | 愛知県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

明治村 2008年秋(4)

明治村編、あと2回続きます。
重要文化財の宇治山田郵便局です。
明治42年建設。三重県伊勢市にあったそうです。

中も円形の吹き抜け。

当時の私書箱。

復活して欲しいなぁ、このポスト。
 

明治30年につくられた、尾西鉄道蒸気機関車1号も元気でした。
 

ハワイ移民集会所。明治22年建設。
アメリカ・ハワイ州にありました。

お次は病院編。

医療用X線装置「ダイアナ号」。大正7年に開発されたそうです。
レントゲン撮るのも、こんな大がかりな機械だったんですね。

 

日本赤十字社中央病院病棟。明治23年建設。

こういう医療器具見ると、腕とかムズムズするんですが
ついつい撮っちゃいます。

東京都渋谷区広尾にあった建物です。

窓が多くて、一見病院には見えない外観でした。

2008/12/11 23:01 | 愛知県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

明治村 2008年秋(3)

お次は監獄系です。
金沢監獄正門。明治40年建設。
赤煉瓦が、重々しい鉄格子の雰囲気を和らげているような、いないような。

鉄門が閉まると、けたたましい音するんですよね。
 

東京駅警備巡査派出所。大正3年建設。
もう明治でも大正でも昭和でもいいらしいです。
東京駅八重洲の赤煉瓦に合わせたデザインになってたんですね。

 

で、今度は  金沢監獄監房。
明治の監獄体験ができます。

と開いてる扉を覗いてみたら、お食事中でしたか。
っていうか、腰が抜けるかと思うぐらいビックリしました。

一生お世話にはなりたくないです。

 


 

次は懐かしい人には懐かしいグライダー。

駄菓子屋さんは小学生でごった返してました。
私も駄菓子買いたかったよう。

駄菓子屋の入り口で見つけたコラボマスコット・・・
ドラ○もんとか仮面○イダーとかバ○ボンとか・・・。

2008/12/07 21:57 | 愛知県COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。